2005年09月03日

ガムとかハイチュウとかぷっちょとか食いすぎて気持ち悪い

今晩和 アオノリです

やっとヤジキタレビュー書き上げました!
宿題の小論文さえもやっていないのに何やってんだ自分(ヲイ

今日始業式だったんです
夏休みデビューってやつですかね、みなさん髪の毛がウンピ色(失礼)になってまして
おいちゃん現代っこのパワフルさに圧倒されました

新学期とゆーことで席替えなんかしちゃったりして
ヲイラは野球部の田舎顔ボーイのお隣になりました 春は遠いなぁ

みなさんから旅行のお土産とかもらったんですが
よくある沖縄とか信州の地域限定のお菓子を
朝からガム噛んで登校した上にシークワーサーのハイチュウと信州りんごのぷっちょ...
胃の中がなんか混沌としてます

始業式の日から早速部活がありまして
ヲイラはストリングス部っつう弦楽器ブカーツでアクティブしてるんですが
文化祭に向けての初リハーサル敢行
白熱灯の暑さのせいでヲイラのバヨリンの弦が最悪にゆるゆる
デー(レ)の音がありえないぐらいに死んでました

帰りにどうしても衝動を押さえきれずに「真夜中の弥次さん喜多さんオリジナルサウンドトラック」購入してしまいましたよ先生
ブログのレビューで柄本の声が入ってるって聴いてからもう妄想が激動
文化放送のリクエストで当たったミュージックギフト券3,000円で購入
柄本はちょっとだけでしたがほんと良かったです
明後日から登校はコレで行きたいと思います

明日、友達と一緒にポレポレ東中野に柄本主演の映画「十七歳の風景〜少年は何を見たのか
相当重いテーマを題材にした映画なので覚悟して観てきたいと思います



posted by アオノリ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

反権力ゲテモノ映画の傑作「拷問百年史」
Excerpt: 「この男は頭の良いやつだが変り者で、またそれをつねに意識してふるまう男だ、渾名が<新東宝>だ、他の会社の映画をぜったいに観ないで、エログロ三本立週間などというのを場末まで追いかけるからだ、ときに..
Weblog: サブカル雑食手帳
Tracked: 2006-09-17 07:49
past log
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。